自己処理のVIOラインとアンダーヘア処理

MENU

自己処理のVIOラインとアンダーヘア処理と肌トラブル

自己処理のVIOラインとアンダーヘア処理と肌トラブルについて。
自宅の脱毛処理はリスクが多い。
脱毛専門店でデリケートゾーンの処理がおすすめなんです。

 

VIOラインのアンダーヘアを処理することは、近頃それほど珍しいことではなくなりました。
脱毛サロンやエステでもデリケートな部分の脱毛コースがありますし、家庭用脱毛器の購入目的はワキや手足よりもVIOラインのアンダーヘアの処理であることが多いといいます。

 

下着や水着からのはみ出し防止や見た目が理由で脱毛するのかと思われていますが、実は衛生面を考えるときちんと脱毛した方が良いのだそうです。

 

欧米では脱毛するべき場所であるとされ、手入れを全くしていない日本人を見るとどうして伸ばしているのと驚かれることもあるといいます。

 

見た目だけでなく、不快な蒸れやニオイが気にならなくなり清潔に保つことができますから、脱毛しておいて損はない場所だといえるでしょう。

 

VIOラインのアンダーヘアの処理の肌トラブルでよくあることは、埋没毛と黒ずみです。

 

中学生など無駄毛の処理を始めたばかりの頃は脱毛法帆についてあまり知識がないことから皆がやっているピンセットで毛を抜くという方法をやってしまいがちですが
、これが主に埋没毛の原因となって後々トラブルとなってしまうのです。

 

埋没毛とは、皮膚の表皮の下にムダ毛が潜り込んでしまう現象であり、
この埋没毛がある場合にはレーザー脱毛による照射を行うことができません。

 

表皮の下にメラニンを含むムダ毛が埋没してしまっている状態なので、

 

レーザー照射をすると火傷のおそれがあるためです。予防方法としてはピンセットを使用しないこと、そしてスクラブでマッサージすることがポイント。

 

高崎にはキレイモやミュゼなどの大手で信頼できる脱毛専門店があるので、コチラがおすすめ。

関連ページ

VIO脱毛で下着や露出度の高いビキニは大丈夫?
VIO脱毛で下着や露出度の高いビキニは大丈夫なの?海やプールに行くときに悩むアンダーヘアの処理について
アンダーヘアの脱毛処理は一回では終わりません
アンダーヘアの脱毛処理は一回では終わりませんので、数回に分けて行います。夏に間に合うように始める時期が大切で、
下の毛アンダーヘアは処理するべきなのか?
下の毛は処理するべきなのか?アンダーヘアはどうしてる。水着、下着とかいろいろ大変だし
陰毛の脱毛処理を自分でやる?リスクと肌トラブル
陰毛の脱毛処理を自分でやる?リスクと肌トラブルについて
陰部の脱毛処理もキレイモで可能
陰部の脱毛処理もキレイモで可能・全身コースに含まれます。